浮気調査

結婚前に彼氏の浮気・身元調査おすすめ探偵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵業者に回ってくる依頼の多くは浮気調査です。
奥様の第六感的にあやしいから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

 

とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、明確な証拠を得る必要があるので、やはりプロの探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。

 

それは、人それぞれというほかないでしょう。
「私より他の女性を優先した」とか少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気と言う人も、いないわけではないです。ちなみに法律の上では、肉体関係があれば不貞行為になるものの、結婚生活に波風を立てないためには、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えるべきでしょう。

 

浮気の事実が判明し、離婚のための裁判になると、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。一例を挙げると、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、二人でラブホテルを利用している写真や動画、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。

 

また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが裏付けとして用いられる例もあります。夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。先月半ばに彼の職場不倫がわかり、双方の親も交えて話し合い、離婚することになりました。まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで養っていくのです。感情的にはもやもやが残りますが、弁護士さんを頼み、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。興信所と探偵。何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いは単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。

 

 

調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりないです。もし依頼するのが浮気調査などであれば、特に気にすることはないでしょう。とはいえ、得意とする分野については事業者ごとに特徴があるため、契約前に把握しておきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の額が必要です。
探偵業務にかかる費用は、具体的には不倫の行動調査の場合、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいをみておくと良いでしょう。時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、なにを依頼するにしても概ね5、60万程度と考えておけばとりあえず安心です。色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で圧倒的多数を占めるのは、配偶者への暴露です。
普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのは簡単ではありませんから、結局のところ、その道のプロである探偵に浮気調査を任せるのが効果も高いうえ確実です。

 

しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。
納得できる会社を見つけるには1社だけでなく複数の業者をみてみることがコツです。とりあえず料金体系や業界相場あたりはおさえておきたいところです。

 

 

 

高額な請求をしてくる悪どい会社を避けるための自衛策でもあります。

 

「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不倫の対価は安くは済まないでしょう。

 

まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかでも違いますよね。ただ、別居や離婚ということになるばかりか、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。不貞行為が明るみに出れば、金銭的にも社会的にも代償を支払い、今後の生活を送ることになります。

 

 

先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、男の方を相手どって裁判を起こしたいのだそうです。

 

 

結構マジメな話です。わからなくもないですが、それには相応の費用もかかるでしょうし、ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言っておきました。

 

最近の探偵業者は、無料で相談員と話ができるケースもあるようです。

 

 

 

初めて探偵の仕事を依頼するのですから、ぜひ利用しておきたいですね。

 

 

 

その会社の対応状況などを判断する上で重要な情報が得られるからです。親戚でも友達でもない第三者に相談することで、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて仕切り直しできるので、おすすめです。職場内で不倫が発覚しても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり仕事を辞めさせることは無理でしょう。とはいえ、就業規則上の、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、それ以上の処分にはならずに済んでいるようです。

 

 

 

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。

 

そんな不埒な行いを野放しにすることはできません。浮気の裏付けをとる方法は身近なところでスマホ(携帯電話)でしょう。
肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。

 

 

 

浮気調査などで探偵社に依頼する前にその調査にどれくらいかかるかの平均的な費用というものを調べておかないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。時間あたり1万円程度を考えておく必要がありますから、安いものではありません。行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。探偵を使い慣れている人はいないでしょう。いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、どこが良いやらピンとこないのが普通だと思います。
探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。

 

 

 

認可を受ける必要があります。認可後は業者(営業所)ごとに番号が交付されるため、まともに届出を出している会社なのかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。

 

 

少なくとも会社のサイトや広告等に番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。
ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。

 

結局のところ、不倫は何も生み出しません。

 

 

 

もし、今の家庭環境に不満でも、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、お気楽すぎるように思えてなりません。
妻か夫のどちらかに原因があるとしても、そのようなことで解消するとは思えませんし、子供には責任はないはずです。あとで後悔しても知りませんよ。

 

探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気を止めることができたとしても、再び浮気することもあります。

 

退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、メール履歴などでまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。
要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが手ぬるかった可能性も高いので、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。探偵や興信所といった調査業を始めるときは、取り立てて特殊な資格等は要求されません。とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可された会社(個人も可)になることが不可欠です。これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと考える人は多いです。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女っ気のない職場環境だろうと放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。
挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、浮気調査を探偵にしてもらえば、いたずらに心配せずに済み、メンタル面でもプラスになると思います。

 

興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば浮気の素行調査等で期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。

 

 

しかし、調査が未熟なことで結果が得られないといった例もあるでしょうし、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を事前にリサーチしておくことで回避できるでしょう。それから、相談時に説明を怠らないことも、良い成果を得るためには重要です。

 

配偶者に浮気の疑いがあるのなら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、そのような業者が行う無料相談を利用するというのもありだと思います。

 

 

 

浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、いきなり知らない相手に調査を頼むなんていうのは、やはり不安でしょう。

 

安心のために探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。
パートナーに浮気され裏切られた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。

 

専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。最も身近な人物に欺かれていたために、別れたあとも人間不信を引きずってしまい、自分の人生なのにポジティブになれないといったケースもあります。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。

 

探偵御用達のツールとしては、無線発信機が全盛だったころもありますが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると調査対象の追跡性能がアップしました。いまどきのGPSの精度はとても高く、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。
そんなGPSを設置できれば、追尾調査の精確性は大いに向上します。探偵を雇って不倫調査をしてもらう際は、最低限、相場というものは知っておくべきでしょう。
依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者に引っかからないためにも必要なことです。そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、諸経費やレンタル料などを請求したり、オプションで膨らんだ請求が来ることもあるので、コストテーブルについては事前に、しっかり確認させてもらうようにしましょう。いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社の違いです。
実際、扱う仕事は変わりがありません。
離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、第三者にも浮気が分かるような証拠が不可欠です。もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

 

 

離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって効果を発揮します。
不倫していると受け応えでも見抜くことができます。ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。大抵の人間はウソをつくとき、妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。

 

 

だから質問は簡単なほうが良いのです。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。

 

 

心に負い目があると、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。

 

視線もキョドりますし、目線を追うと分かります。不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、裁判などでは分が悪いでしょう。つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することがあるからです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことを防ぐために、あらかじめきちんと調査しておくべきです。

 

夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、これは浮気しているなと思いました。

 

相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)ケータイチェックを試みたものの、なんと、ロックしてあって、見れなかったんです。

 

泥沼は嫌なので、これは探偵しかないだろうなと思ったものの、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、最初の一歩を踏み出せないでいます。

 

 

探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしにやってもらうことはできませんから、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。

 

 

 

安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで意図しないトラブルになった例もゼロとは言えません。

 

 

 

そんな状態を避けるために、ネットで情報を調べて、誠実そうなところを選ぶことです。探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。
調査会社への代金の支払方法ですが、名のしれた大手探偵社等ではクレカ払いや分割払いができるところもいくつかあります。

 

 

 

不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、費用面が心配というときは、分割OKの事業者を見つけるのも良いかもしれません。

 

配偶者の浮気がわかったときは、落ち着けと言われても無理かもしれません。

 

でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。

 

そのときは、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。
そもそも不倫は、道義上許されない行為です。

 

気持ちの上では本当の解消には至らないかもしれませんが、これまでの精神的な苦労への慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。

 

 

 

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。しかし先週、夫婦双方の親同席で相談し、離婚が本決まりになりました。

 

幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養育していく責任があります。
感情的にはもやもやが残りますが、弁護士の方にお願いし、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書というのを作ってもらいました。
想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、不倫の有無を調べる追跡調査です。
そんな仕事を例に、プロの仕事をおさらいしてみましょう。
調査方法の基本としては、事前にクライアントから話を聞き、追跡します。

 

 

いわゆる「尾行」です。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って相手の浮気の証拠を抑えるのです。

 

探偵がしている仕事(行動)として、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。相手にわからないよう後を追って、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、調査員は対象の動きを予測しておく必要があります。
想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。
もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、あらかじめクチコミ等を調べておくことを強くお勧めします。悪い口コミが入っているようなところは、請求される料金の明細が不明確だったり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないわけですし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。